生命保険料控除の変更(平成24年から)

うちの家に、昨日、生命保険控除証明書が、
配達されました。

今年も年末調整の時期が近づいてまいりまいた。
皆さん、証明書は12月もしくは3月の確定申告まで大事に保管しておいて下さい。

ちなみに、平成22年税制改正で生命保険については、
次の改正がありました。

生命保険料控除の改正

(改正内容)

これまで生命保険料控除は、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の2本立てでしたが、別枠で介護医療保険料控除が設けられ3本立てとなる。

(実施時期)

所得税については、平成24年1月1日以後に締結される保険契約等に係る保険料について適用され、
住民税は、平成25年分以後について適用されます。

(算式)

所得税

 

年間の支払保険料等

控除額

25,000円以下

支払保険料等の額

25,000円超50,000円以下

支払保険料等×1/2+12,500円

50,000円超100,000円以下

支払保険料等×1/4+25,000円

100,000円超

一律50,000円


 

年間の支払保険料等

控除額

20,000円以下

支払保険料等の額

20,000円超40,000円以下

支払保険料等×1/2+10,000円

40,000円超80,000円以下

支払保険料等×1/4+20,000円

80,000円超

一律40,000円

 

住民税

年間の支払保険料等

控除額

15,000円以下

支払保険料等の額

15,000円超40,000円以下

支払保険料等×1/2+7,500円

40,000円超70,000円以下

支払保険料等×1/4+17,500円

70,000円超

一律35,000円

 

年間の支払保険料等

控除額

12,000円以下

支払保険料等の額

12,000円超32,000円以下

支払保険料等×1/2+6,000円

32,000円超56,000円以下

支払保険料等×1/4+14,000円

56,000円超

一律28,000円

 

(取扱い)

★ 平成23年12月31日以前に締結された保険契約等に係る保険料

→ 従前の保険料控除を適用(限度額 所得税50,000円 住民税 35,000円)

★ 新契約と旧契約の双方について適用を受ける場合

→?新契約 改正後の算式により計算した金額

?旧契約 改正前の算式により計算した金額

?+?=合計額(限度額 所得40,000円 住民税 28,000円)

★ 異なる複数の保障内容が一の契約で締結されている保険契約等は、その保険契約等の主たる保障内容に応じて保険料控除を計算

社長必見!耳ヨリ情報です!経営計画・資金繰り・営業給与計算・労務管理・融資・助成金など

このページの先頭へ