平成23年4月以降の出産育児一時金も引き続き42万円

平成23年4月以降の出産育児一時金の支給額が発表されました。

平成21年10月1日から平成23年3月31日までの措置として、出産育児一時金は42万円の支給額とされていました。

平成23年4月1日以降も、妊婦の方々の負担を減らすために、引き続き42万円が支給されます。

(*但し、妊娠週数が22週に達していないなど、産科医療補償制度対象出産では無い場合は、39万円となります。)

出産育児一時金は、窓口での支払い負担を減らすために直接支払制度という方法がとられています。

詳しくは、厚生労働省のホームページをご確認ください

社長必見!耳ヨリ情報です!経営計画・資金繰り・営業給与計算・労務管理・融資・助成金など

このページの先頭へ