【速報】 来年度の補助金等について

【速来年度の補助金等について

来年度の補助金等の情報が概ね判明してきました。補助金は公募されると2カ月程度で締切となってしまいます。早めの準備が極めて重要です。最新情報をお届けさせて頂きますので、ぜひ、ご確認ください。 今回、ご案内させて頂くのは下記の補助金です。

※正式には18年1月の国会審議で決定されますので、あくまで暫定情報です。

 

①ものづくり・商業・サービス革新事業補助金(補助額:1,000万円)

②IT補助金(補助額:50万円)

③小規模事業者持続化補助金(補助額:50万円又は100万円)

④事業承継補助金(200万円又は500万円)

 

①ものづくり・商業・サービス革新事業補助金(補助額:1,000万円)

新規事業に伴う設備投資等(ソフトウェアの開発も可)について、最大1,000万円の補助金が申請可能です。

  • 公募時期(予想):18年2月~4月
  • 補助額:支出額の3分の2(ただし1,000万円が上限)
  • 予算:1,000億円
  • 対象企業:全業種(医療法人は対象外)
  • 昨年との違い:

①補助上限3,000万円は廃止。

②予算が去年700億円に対して、今回は1,000億円に増額

 

②IT補助金

生産性向上に向けたITツールの導入に対して最大50万円の補助金が申請可能です。

  • 公募時期(予想):18年2月~4月
  • 補助額:支出額の2分の1(ただし50万円が上限)
  • 予算:500億円
  • 対象企業:全業種(医療法人は対象外)
  • 昨年との違い:

①補助上限が100万円から50万円に減額。

②予算が去年100億円に対して、今回は500億円に増額

 

③小規模事業者持続化補助金

新サービスの開発費用や販路開拓についての補助が支給されます。

 

  • 公募時期(予想):18年2月~4月
  • 補助額:支出額の3分の2(ただし50万円又は100万円が上限)
  • 予算:不明
  • 対象企業:製造業は従業員が20人以下、その他の業種は従業員が5人以下

④事業承継補助金

事業承継に伴う新規事業等について、最大500万円の補助金が申請可能です。

 

  • 公募時期(予想):18年5月~
  • 補助額:支出額の3分の2(ただし500万円が上限)
  • 予算:不明
  • 対象企業:全業種

昨年との違い:詳細は、18年の国会審議にてだが、昨年よりも拡充していく旨の政府指針あり。

滋賀で税理士をお探しなら小澤事務所へ

滋賀で税理士をお探しなら小澤事務所へ。税理士事務所 小澤事務所は、滋賀県草津市にある税理士・司法書士・社会保険労務士が常駐する税理士事務所です。
税務・会計顧問、決算・法人税申告・消費税費税申告をはじめ、会社・法人設立、相続・贈与などに関するワンストップサービスを提供しています。 医療法人、NPO法人、社会福祉法人会計にも対応いたします。

滋賀県内・滋賀近郊のみなさまへ

滋賀の税理士事務所「小澤事務所」では、滋賀県(草津市、大津市、守山市、栗東市、野洲市、甲賀市、東近江市、近江八幡市、日野町、竜王町、彦根市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、米原市、長浜市、高島市)、京都市などの滋賀近郊市町村の法人・個人事業主の事業者様にご対応可能です。

税理士事務所 小澤事務所

税理士事務所 小澤事務所は、税理士、司法書士、社会保険労務士がチームでうかがいます。
滋賀の税理士「小澤事務所」

このページの先頭へ