定款とはどんなもの??定款作成のポイントー

会社設立・法人設立の際に作成する「定款」とはどんなものでしょうか?この定款に記載する事項は、会社の事業活動を左右したり、節税対策のポイントとなる事項の決定が多く含まれています。定款の概要と定款作成のポイント、そして定款に認証についてお伝えします。

税理士事務所小澤事務所なら定款作成もお手伝いすることができます

定款とはどんなもの?

定款とは、会社の目的や組織、事業活動の根本的な規則を記した書面です。
定款には、法律的な制約や取り決めがあり、作成した定款は公証役場で認証を受けなければなりません。そして、作成した定款(原始定款)を勝手に変更することは許されず、変更の際にも一定の手続が必要です。
また、定款の内容によっては、事業活動が制限されることもあり得ますので、作成の際には、法に沿っているか、税務的に問題はないか、など専門家に相談・依頼されるのがベストです。

定款作成のポイント

定款は、法や公序良俗に反することのないよう作成することは基本ですが、会社の事業活動を左右したり、節税対策のポイントとなる事項の決定が多く含まれてい ます。会社設立の最初の段階で、将来を見据えた定款作成を行うことが、今後の事業展開に影響を与えます。専門家と相談しながら、理にかなった定款を作成し ましょう。

税理士・司法書士がアドバイスいたします

定款認証って何?

作成した定款は、法的に違反しないか、記載事項に間違いがないか、などを確認し認証してもらう必要があります。認証は公証役場で公証人が行うことで、はじめて認められます。定款認証は、設立登記を行う都道府県内の公証役場であれば、どこでも受けられます。

定款認証の費用

定款認証にかかる費用は、

電子申請の場合
定款印紙代 40,000円 0円
公証人認証手数料 53,000円

当事務所では、「定款認証の電子申請システム」を導入していますので、紙ベースによる定款認証より安い費用で行うことができます。

詳しい費用はこちらまで → ≫「会社設立の料金体系」のページへ

公証役場とは?

公証役場とは、法務大臣から任命を受けた公証人が、
(1)公正証書の作成
(2)私署証書や会社等の定款に対する認証の付与
(3)私署証書に対する確定日付の付与などの執務を行う場所です。

(1)の公正証書には、「遺言」「離婚」「金銭消費貸借契約」「土地建物賃貸借契約書」などがあります。
(2)は私人が作成した文書について、文書の成立 及び作成手続の正当性を証明するものです
(3)は私文書に確定日付を付与し、その日にその文書が存在したことを証明するものです。

上手に会社設立しませんか?|新規開業・法人設立

このページの先頭へ