ふるさと納税制度を利用しよう

皆様、ふるさと納税制度は、ご存知でしょうか?

聞いた事はあるけれども、実際に寄附をされたことがあるかたは、あまりいらっしゃらないかと思います。

このふるさと納税ですが、うまく利用すれば、実質税負担額2,000円で5,000円相当額の納税した地域

の特産物が御礼の品として貰えたりします。

 

ふるさと納税の特徴を簡単に説明すると…

☆特産物がもらえる ☆生まれ故郷でなくてもよい ☆税金が控除される

☆使い道を指定できる ☆複数の自治体から選べる

【ふるさと納税制度の概要】

都道府県・市区町村に対して寄附(ふるさと納税)をすると、寄附金のうち2,000円を超える部分につい

て、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されることになります。ただし、

控除を受けるためには、寄附をした翌年に、確定申告を行うことが必要ですが、寄附する自治体は、

生まれ故郷ではなく、どの自治体に対してでも制度の対象とされます。

 

 

30,000円寄附した場合、28,000円分の所得税と住民税の金額が控除され、適用下

限額の2,000円のみが税負担額となります。

ただし、ふるさと納税制度での寄附金控除は、住民税の計算で特例税額控除額を住民税所得割額の1割を限度

としていますので、負担額2,000円にするには、人それぞれの所得によって限度額がありますので、その点には

ご注意下さい。

最近では、テレビでも紹介されたりしていますが、気になるのは、やっぱり御礼の品!お肉や魚介類、お米、

お菓子などいろいろなものがあります。そして、御礼の品は選べたりします。

 

例えば、30,000円をふるさと納税するとして、10,000円ずつ、3自治体に寄附した場合、御礼の品が1個

あたり5,000円相当額であったとすれば、税負担額2,000円で15,000円(5,000円×3個)分の物品が貰え、

得したことになります。

皆さんも、一度、ふるさと納税を利用してみてはいかがでしょうか?

暮らしの法律相談(個人の方へ)個人資産の節税対策。相続税・贈与税など

最新記事

このページの先頭へ