算定基礎の季節がやってきた☆*゚ ゜゚|滋賀 税理士 小澤事務所

カテゴリー:
2007.06.07

先日、草津市のまちづくりセンターで行われた、社会保険労務士会研修に参加してきました。


今回のテーマは7月にある

『 算定基礎 』

健康保険および厚生年金の標準報酬月額を1年に1回見直しましょう! っていうものです。


社会保険事務所の方から今年の変更点などの説明がありました。

今年の主な変更点(滋賀県)は、
* 算定基礎届が単票になりました
(その他の届出用紙も単票になる予定です)

* 社会保険事務局事務センターへの郵送によ
る届出になりました

* 7月改定の標準報酬の月額変更がある
場合は、同時に月変用紙を提出することになりました

* 70歳以上の健康保険加入者がある場合は、
その届出も新しく行うことになりました

と、いったところです。


そして、『提出期限は 7月10日 厳守!』と強く念を押されました。

ですので、顧問先の皆様、4月・5月・6月の賃金台帳は早めに、どうか早めにお願いしま?す
(社保チームより切実なお願い


入社半年目の私には、初めての算定基礎。
去年は社労士試験の勉強をしていたので、
『算定基礎』 (試験勉強では「定時決定」と習ったなぁ・・)についても、

『4月・5月・6月に支払われた報酬によって
定時決定を行う』


と、テキストに、さらり?、と書いてあったのですが・・・、
実務となると、1行では済まされない大変さ!!

顧問先のみなさまの社会保険料を決定するものなので、間違いは許されない!
(どの仕事でもそうなんですケド・・)

7月10日の締め切りに間に合うよう、社保チームは猛ダッシュでがんばりますので、ご協力お願いしま?す

K.O


お問い合わせ・ご相談はこちらまで↓↓

関連記事

このページの先頭へ