再確認!消費税 実務対応

W杯で日本が惨敗しました。過去最強のメンバーと私は思っていたのですが、世界との差を見せつけられた大会になってしまいました。解説者のセルジオ越後氏は「日本代表は自分の実力を勘違いしていた。当然の結果だろう」

と厳しいコメント。せめて皆様には消費税対応を「勘違い」しないよう、よく聞かれる項目をまとめてみました(強引な導入文ですいません・・・)

棚卸資産の譲渡等の日

Q1:売買契約を平成26年3月20日に締結し、商品は4月20日に納品されました。この場合の消費税率は5%?8%

 

A1:棚卸資産の譲渡等の日は「資産の引渡しのあった日」であり売買契約日がいつであるかは関係ありません。

よってこの場合は新税率8%を適用することになります。

相手方に納品した日を資産の譲渡等の日としている場合

Q2:インターネットで商品の販売を行う場合、平成26年3月31日までに注文を受け、代金を決済したものについて4月1日以後に商品を引渡す場合の適用税率は5%?8%

 

A2:商品を販売する事業者が相手方に納品した日を資産の譲渡等の日としている場合は、3月31日までに

注文を受け代金決済した場合であっても、施行日以後に行われた資産の譲渡等に該当するため新税率

8%を適用することになります。

施行日以後に返品された場合

Q3:施行日前に販売した商品について,施行日以後に返品された場合の適用税率は5%?8%

 

A3:施行日前に販売した商品について,26年4月1日以後に返品されて対価の返還等を行った場合、原則は

旧税率5%により売上げに係る対価の返還等に係る消費税額で計算します。(ただし一定の要件を満たせ

ば8%で計算しても良い場合があります)

建物の賃借料の取扱い

Q4:建物の賃借料の取扱いは?

 

A4:?支払期日を「前月○日払い」としている賃貸借契約

4月分のテナント賃料を3月に受領する場合、4月(施行日以後)に行われた資産の貸付けの対価のため新税率8%を適用します。

 

 

?支払期日を「翌月○日払い」としている賃貸借契約

3月分のテナント賃料を4月に受領する場合,3月(施行日前)に行われた資産の貸付けの対価のため旧税率5%を適用します。

 

その他の場合にも、分からないことはお気軽にお尋ねください。

決算だけが仕事じゃない!資金繰り表・経営計画書作成など税理士事務所にできること

このページの先頭へ